このブログは2008/10/03付で移転しました。 移転先は下記。
(旧) http://ubsgw.seesaa.net/
(新)http://www.ubsgw.net
(トップページのアドレスです)
-----新求道ブログへのリンク-----
  *****

2008年09月25日

ユング『現在と未来』より

先日のエントリでふれたユングの『現在と未来』についてはいずれ改めて書くつもりだが、それに先だって概要を記しておく。私の手元にあるものは松代洋一編訳の『現在と未来』(平凡社ライブラリー、1996)。この訳書の巻頭には、1979年に刊行された『ユングの文明論』(思索社)の改題・改訂版であると記されている。

「何がそんなに面白いのか」を書きたいのだが、それがなかなか書けないので、ここに編訳者のあとがき等を除いた目次の概要だけ記すことにし、当面は読者のご想像にお任せしたい。

・現代史に寄せて(Aufsaetze zur Zeitgeschichte)
  はじめに
  ヴォータン
  破局のあとで
  おわりに
・影との戦い(The Fight with the Shadow)
・インドの夢見る世界(The dreamlike world of India)
・インドに教わること(What India can teach us)
・ヨーガと西洋(Yoga und Westen)
・現在と未来(Gegenwart und Zukunft)
  現代社会における個人の危機
  集団化の補償としての宗教
  宗教問題に対する西欧の態度
  個人の自己理解
  世界観と心理学のものの見方
  自己認識
  自己認識の意味

どうですか。面白そうデアリマショウ??

折り目・傍線だらけの本の中からパッと開いた箇所を抜粋してみる。
人間は満足を知らない動物である。たとえすべての労働者が自動車を持ったとしても、やはり生活を切りつめたプロレタリアでしかないのは、まわりを見廻せば自動車を二台持ち、浴室をもう一つ持っている人がいるからだ。
(「宗教問題に対する西欧の態度」より 213ページ)

教会は伝統的で集団的な信仰を代表しているわけだが、それも信者の大多数にあっては、自分自身の内面的な体験に支えられたものではなく、単なる無反省な信念であるにすぎない。反省しはじめたとたんに、いともあっさり信念をなくしてしまうのはよくあるとおりである。
(同上 215ページ)


初出・原題なども併せて記しておけば他の方にも便利だろうと思いはするのですが、今日は時間がとれないので後ほど追記しておくつもり。


タグ:ユング
posted by UBSGW at 09:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。